宙カル企画・宙窓座(SoraMadoZa)について

宙(そら)的好奇心を楽しむ・宙のカルチャー
<宙カル SORACUL ソラカル> 宙窓座(SoraMadoZa)について

~星に親しみ、宇宙に近付く窓辺の1つに~
「宇宙と地球と文化への宙的好奇心を楽しむ場づくり」

宙を見上げ、星を眺める。
広大な宇宙に思いを馳せる。
天文学的・科学的な宇宙への興味を持つ。
人類の営みと宇宙の関係に思いを馳せる。
もっと親しみたい。もっと知りたい。もっと近づきたい。

星や宇宙を知る為の入り口・きかっけの1つなれたら。。。
星や宇宙に近付くためのお気に入りの窓辺になれたら。。。
それぞれの人がそれぞれの宇宙観を持てるようになれたら。。。

そのような思いで、天文学を中心に科学や文化全般に関する
「宙カル(SORACUL)・サイエンスカフェ」などのイベントを企画・開催しています。

歴史と天文学。海外の天文文化。文学と星空。アートと宇宙。
文系と理系の話題と興味を繋げるようなテーマを中心に、
最先端の天文学や地球科学の取り組みを知る、
「宇宙と地球と文化を楽しむ場ときっかけづくり」を目指しています。

星に親しみ、宇宙や天文を楽しむ
宙的好奇心カルチャー<宙カル SORACUL(ソラカル)>が広がり、
多くの方々と共有できることを願って、
星と宙の工房TeruTeruZa ・宙カル・サイエンスカフェ宙窓座(そらまどざ)では、
「宙のある生活」を提案しています。

(※「宙」はそらと読みます。宇宙と星空、青空、茜空、全ての意味を込めています)

 

ロゴ宙窓座_500-262

※星と宙の工房TeruTeruZa の天文普及活動の一環としてイベントを開催しています。

※前身にあたる「宙学・地学(そらがく・ちがく)カフェ」において
2009年より2014年までサイエンスカフェを開催してきました。
宇宙・星空を通じたコミュニケーションの場をよりよい形を模索した結果、
コンセプトを見直し、体制をリニューアルし、名称も改めて、新たなサイエンスカフェとして活動を始めました。

ページ上部へ戻る